ご利用方法

利用資格

1以下の部局に所属する教員が動物実験責任者*となる動物実験計画のみを認めます。
以下の部局以外の所属の場合は 特に施設長が認めた場合許可します。

  • 医学研究院
  • 大学病院
  • アイソトープ総合センター
  • 遺伝子病制御研究所
  • 脳科学研究教育センター
  • 環境健康科学研究教育センター
  • 保健科学研究院

2「動物実験計画書」が承認されていることが必須です。

3遺伝子組換え動物の使用においては、「第二種使用等拡散防止措置承認申請書」が承認されていることが必須です。

4BSL2 以上の微生物・毒素の使用においては、「病原体等使用実験計画(変更)申請書」が承認されていることが必 須です。

5動物実験実施者**は「北海道大学動物実験実施者等教育訓練」を受講済みであることが 必要です。
(未受講の方は、利用申請時に「誓約書」を提出して頂きます。)
なお、動物実験責任者は動物実験計画 書申請時に受講済みであることが必須です。

6感染実験エリアを使用する方は、「国立大学法人北海道大学病原体等安全管理規程」に定められた要件を満たすことが必須です。

7本施設を使用する動物実験責任者と動物実験実施者は、本施設以外の他の動物施設や所属分野の飼養保管施設を使用することはできません。

* 動物実験責任者:本学動物実験に関する規定第3条(11)に示す「同一の研究科題名で動物実験棟を実施する者のうち、当該動物実験等を実施する者」をいう。
**動物実験実施者:本学動物実験に関する規程第 3 条(10)に示す「動物実験等を実施する者」をいう。

利用手続き

1提出書類

「I. 附属動物実験施設利用要項」の「I-2. 利用資格」を満たした方は、実験生物部門に以下 の書類を提出願います。

  1. 「動物実験施設利用登録申請書」(様式 1)*
  2. 「誓約書」(様式 2)*(「北海道大学動物実験実施者等教育訓練」を未受講の動物実験実施者が該当致しま す。)
  3. 「動物実験計画書」のコピー(1 部)
  4. 「第二種使用等拡散防止措置承認申請書」のコピー(1 部)**
  5. 「病原体等使用実験計画(変更)申請書」のコピー(1 部)**

* 様式は管理室の受付にあります。
**該当する場合に提出して下さい。

2利用開始までの流れ

  1. 施設教員から利用の手引についての説明
  2. 施設職員によるオリエンテーション
  3. 指静脈の登録後、利用開始

3登録更新手続き

継続利用希望者は、毎年 4 月に登録更新手続きを行って下さい。(当施設から更新手続き の連絡が行きます。) なお、以下の申請書は、各自で更新時期に手続きを行って下さい。

  • 「動物実験計画書」
  • 「第二種使用等拡散防止措置承認申請書」
  • 「病原体等使用実験計画書(変更)申請書」

4利用変更手続き 利用変更を希望される方は、管理室に別途御相談下さい。(内線 6901)

5利用終了手続き 利用を終了される方は、管理室に申し出て下さい。(内線 6901)